Amazon returned invalid HTTP response code 503

【週間株式展望】1万9000円~1万...

2017年 2月 20日 月 4:45 am

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

【週間株式展望】1万9000円~1万9500円のボックス圏を想定
エキサイトニュース
東京市場のメインシナリオは、1万9000円と1万9500円のボックス圏での動き。トランプ政策や22日のFOMCの議事録の内容次第で115円台以上に円安が進行すれば、1月4日の引け値ベースの高値1万9594円、ザラ場の高値1万9615円へとボックス圏の上抜けが期待される。

and more »

子供の貧困をこのまま放置すれば、将来、42兆9000億円の所得が失われる。
nikkei BPnet
名言の解説:さらに、税収の減少や生活保護などの社会保障費用の増加などで財政負担が15兆9000億円発生してしまうことが分かった。1人当たりでは生涯で1600万円の所得が減少し、約600万円の財政圧迫要因となる。貧困は国の財政にも大きな影響がある問題なのだ。


まぐまぐニュース!

【展望】日経平均株価は調整含み、1万9000円割れならやや深く調整も(2/19)=山中晋
まぐまぐニュース!
日経平均株価は日米首脳会談の通過を好感して急反発後、先週に入り再び上げ幅を削る展開。週末ドル円が112円台に入ったことで、まず19000円前後までの調整が予想される。(『山の中の超相場観』). ※本記事は、『山の中の超相場観』2017年2月18日号の一部抜粋です。

Powered by Google

このエントリーをはてなブックマークに追加